NPO法人とボランティア活動

NPO法人とボランティア

NPO法人とボランティアについて

近年、若者はもちろん、様々な世代でボランティア活動に励んでいる人が増加しています。
こうした傾向は1995年の阪神淡路大震災以降国民の間にみられるようになっており、国としてもこのような志を持っている人たちを支援する目的で、特定非営利活動法人(NPO法人)を設立できるように法律を制定しました。

 

特定非営利活動法人は非常に社会的に重要な存在となっており、収益がなくボランティア活動を行っている法人から、収益を得てビジネスとして行っている法人まで様々な形態がみられるようになってきました。
日本人はここ数年で様々なボランティア活動に対する関心が高まっており、福祉活動や国際交流活動、環境保護活動などには特に注目が集まっています。特定非営利活動法人は自らがこのような活動を行っており、活動に関心を持っている人に対する啓発活動も行うようになっています。

 

特定非営利活動法人は福祉事業を行なっている法人が最も多く、特に高齢者の介護や障害者の支援などを中心に事業活動を展開しています。これらの事業を行う場合には大抵自治体から補助金を受けることができるために、事業の安定性がある程度確保されているという特徴があります。
しかし、福祉団体としては社会福祉法人や公益財団法人などよりもずっと財政基盤が脆いことから、十分な事業のための費用を用意できないことも多々あります。そこで、特定非営利活動法人によっては賛助会員を募って寄付金をもらったり、バザーを実施して収益金を事業費に充てるなどの工夫を行っています。

 

福祉事業を行っている特定非営利活動法人に就職を行う場合には、社会福祉法人などの福祉事業者と比べれば給料や福利厚生などの面が劣ることはあるものの、ボランティア的な要素が強い仕事が多いため、やりがいを求めている人にとっては最適です。今後も、福祉事業を行う特定非営利活動法人に就職を行う若者はさらに増加することが見込まれています。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ